1. TOP
  2. モディカ
  3. 溶けない古代のチョコレート!モディカチョコレートとは

溶けない古代のチョコレート!モディカチョコレートとは

 2019/10/29 モディカ この記事は約 5 分で読めます。 305 Views

チョコレートといえば、口の中でとろける、なめらかなくちどけが売りの食べ物ですが、溶けない、くちどけがなめらかではない不思議なチョコレートがあるのをご存知でしょうか?

カカオの起源はアステカ文明!?

チョコレートといえば、ベルギー、フランスなどのヨーロッパの国のものが何となく有名ですし美味しそうですが、チョコレートの原料であるカカオ豆はマヤ文明やアステカ文明の遺跡の中から発掘されているように、中南米が原産です。

ウィキペディアでカカオの歴史を見てみると下記のように出てきます。

カカオの歴史[Wikipediaより]

1502年、コロンブスは第四次航海で現在のホンジュラス付近でカカオの種子を入手し、スペインへ持ち帰っている。もっとも利用法が不明で、その価値に気付いた者はなかった。1519年、コンキスタドールのエルナン・コルテスはアステカでカカオの利用法を知る。砂糖や香辛料を加えたショコラトル(チョコレート)は上層階級に歓迎され、1526年にはトリニダード島に栽培地が建設された。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「カカオ

このアステカ文明のショコラトルを現代に受け継ぐのがシチリアのモディカチョコレートなのです。
現在私たちが慣れ親しんでいるチョコレートは、コロンブスがカカオ豆をスペインに持ち込んだのち、ヨーロッパの産業革命の到来でチョコレートの製法も機械化されるに伴い、カカオ豆からココアパウダーとココアバターを分離製造する方法が確立され、その後、ココアバターを使った固形チョコレートが開発され、様々な企業努力などにより現代の甘くてとろける美味しいチョコレートへと発展を遂げたものですが、モディカチョコレートはカカオ豆がスペインへ持ち帰られたのちに、アステカ文明オリジナルのチョコレートの製法が当時スペインに支配されていたシチリアへともたらされ、伝統を重んじるシチリア島のモディカという場所で、産業革命の波からも大切に守られて、脈々とその当時の製法で作られ続けている、今では珍しい古代のチョコレートとして有名になっています。

 
 

普通のチョコレートとはココが違う!モディカチョコの製法とは

ではその古代の製法とはいったいどのような製法で、現代のチョコレートとは何が違うのでしょうか?

 一般的なチョコレートは、カカオ豆の状態から、ロースト、皮の除去、すりつぶしという工程を経てカカオマスやココアペーストと呼ばれるペーストの状態にしたのちに、カカオマス以外の材料である砂糖やミルクのほかに、くちどけを滑らかにするためカカオ豆から分離した油分であるココアバター、またそれら油分と油分以外を分離させず均質にさせる働きを持つ乳化剤を加えて混ぜたのち、時間をかけて練り上げるコーンチングと呼ばれる工程を経ることで原料が均一に一体化します。
その後、テンパリングと呼ばれる、ココアバターが安定した結晶になるように温度調節を行うことで、つやのあるくちどけの良いチョコレートとなります。そして、型に流し込んだ後に冷やし固め、型から外したものが現代で慣れ親しまれているチョコレートです。

一方のモディカチョコレートはというと、基本的にカカオ豆と砂糖だけで作られます。

 普通のチョコレートと同様に、カカオ豆をカカオマスまでの状態にしたのち、砂糖やスパイスなどのフレーバー要素を加えて、コーンチングやテンパリングを経ずに、冷やし固めるため、カカオ豆ロースト後には48℃以上に上がることはなく、カカオ本来の風味や栄養が保たれるのです。
混ぜ込んだ砂糖も溶けることなく、そしてチョコレートに滑らかさを加える要素であるココアバターや乳化剤、粉乳などを加えないことで、ほかにはない独特の歯触りを残します。
通常のチョコレートとあまりにも違うため、万人受けするようなものではないかもしれませんが、この独特な食感が病みつきになるという人も多いようです。ココアバターを添加していないため、溶けにくいので山登りやハイキングといったレジャーの時のおやつにも最適です。

ザクザクしていそうな断面ですよね。

 
 

オススメのモディカチョコレート

モディカにはたくさんのモディカチョコレートのショップがありますが、なかでもお勧めしたいのがエルヴィラさんのこだわりのモディカチョコレートです。
メガネがキュートなイタリアのママン、エルヴィラさんは見るからにおいしいものを作りそうです。

カカオ豆の選定から自身で行うこだわりのビーントゥバーでもあります。
シンプル材料で作るからこそごまかしがきかないため、本当に厳選された素材で作られる、素朴でありながらも洗練されたチョコレートはチョコ好きな人には必食です。
おしゃれなパッケージもおすすめなポイントです。

TOP 10 Sicilyという旅行ガイド本でもシチリアのトップ10パティスリー、ジェラテリアのカテゴリーで紹介され、インタナショナルチョコレートアワードも多数受賞する実力派のチョコをぜひお試しください。

\ SNSでシェアしよう! /

世界のちょっといいおやつの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

世界のちょっといいおやつの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 人気のチョコレート、好評発売中です!(コントワール・モディカ・ベネット)